RS125(NX4)のフレームにエイプ100のエンジンを無理やり載せ、公道を走りまくっている管理人が運営してます。

RSApe125Rトップへ         RSApe125R作り方講座 第4回 「エンジン縦位置」

画像

               記示                その他・注意点
Lクランクケースカバーがフレームに当たってしまうのではずして

おきます。

後日フロントスプロケットが交換しやすいように切り取ってしまい

ました。

 
フロントスプロケットとリアスプロケットの高さからエンジンの

縦位置を測ります。

定規で一直線になるようにエンジンを配置する。

 
スプロケットとチェーンは一般的に#420サイズですがRSは

#415サイズなのでフロントスプロケットを#415サイズにします。

リアスプロケットはRSについていた物を使用することにして、

フロントはドリーム用が使用できるので「エスプレジョン」で購入

します。(価格は1つ2400円)

タイヤの直径、リアスプロケットの丁数が違うのでいろいろ計算した

結果、T13,T14、T15を購入することにします。

100ccノーマルだとT13、T14がよいと思います。

リアスプロケットは

T35、T37、T39、

T40、T41があり

ます。

クラッチカバーの一部がフレームに干渉するので削ってしまいます。

リフタアームも干渉するときは当たらなくなるまで削ります。

 
エンジンマウントは穴位置が重要です。

少しでもずれるとエンジンが曲がって固定されることになるので

正確に穴をあけます。

右側エンジンマウントは、穴位置、図面左側(フレーム側)と同じ

寸法です。赤い線はクラッチカバーのガスケットに当たらないように

してあります。

作製の様子はこちらから

 
こんな感じになると思います。  
戻る(第3回)   次へ(第5回)
 
                                                                                                     

   
JOIN HONDA APE RING
<<Prev5 <Prev Random Next> Next5>>
     
     
homeへ

バーナー

     
inserted by FC2 system